新たな始まり〜立春そして水瓶座の新月〜

始まりに向けてのオレンジ

 
 
黄色につながるオレンジ、
という意味合いの色に
惹かれ始めたのは、
1月前半。

 

 

それから、何度も
「オレンジ」が日常で現れてくる。

 

 

それまでの過程は、
こちら↓

color’s tea ブログ

 

 

ボトルを引いてみると・・・

 

 

 

やっぱり、オレンジに惹かれる。
三番目のボトルは、
少し前から気になってたんだけど、
やっぱりまだあるなあ。。。

 

 

 

それぞれを感じていくと、
イエローのcolor’s teaを選んで
浮かんだイメージと同じだったり。
その状態になるために、
この三番目のボトルのテーマが
鍵になるな、と感じました。

 

 

三番目のボトルは過去に何度も
塗ったことがあって、
乗り越えるのに、
すごく大変で深く見つめる
経験をしたので、

 

 

 

「もう塗ることはないよね」
と思っていたけど、

 

 

 

この4本の中でも
やっぱりこのボトルを乗り越えないと
先に進めない感じがしたので、
久しぶりに塗ることに。

 

 

 

すると、やっぱり、
オーラソーマのボトルというのは、
自分が望んでいる方向に
変化するのがはやくなりますね。

 

 

 

 

あらためて、
オーラソーマの
ヒーリングの深さを実感。

 

 

 

 

わたしが
「変化するのを受け入れている」
というのが大きいですが、

 

 

 

塗ったその日から
出来事が起こり始めました。

 

 

 

すべて、
このグリーンとオレンジのテーマに
つながることばかり。
「もうやってきた?」と、
あまりにも変化が早くて、
ちょっと笑ってしまいました。

 

 

 

 

 

大雨の後の立春

 

 

立春の前の日、節分の日は
久しぶりに大雨が降りましたね。

 

 

 

わたしは、
人間関係で深く向き合うこと、
心で感じることを正直に
伝えること、

 

 

 

そして、自分の真実や方向性。
自分はどうしたいのか?
自分はどんなことが大事だと
思っているのか?

 

 

 

さまざまなテーマが
一つ終わったら次、
というように出てきて、

 

 

 

ほんとに、心も大忙し。
いろんなことを
心につながって見つめて、
そして実践して答えを出す、
を繰り返してました。

 

 

 

グリーンは、心の方向性。
オレンジは、
感情を癒し、自立の方向へ。
そして、深い気づきと
繋がりへ。

 

 

 

この2色は、
深く心と向き合ったり、
人間関係にもかかわるので、
乗り越えるのが
ちょっと大変。

 

 

 

節分の日の大雨が、
これまでのいろんな
モヤモヤを一掃してくれるような
雰囲気でした。

 

 

 

そして、立春の青空には、
一つ一つ乗り越えて
新たな方向性が見えた
すっきりした気持ちが
ありました。

 

 

 

 

水瓶座の新月

 

そして今日は、水瓶座の新月。

 

 

 

今日もいろいろ向き合い
深い気づきのあった日でした。

 

 

 

ヒーリングをする上での
相手の方への想いの大切さ、
自分のエネルギーの大切さを

改めて実感しました。

 

 

 

この3、4日でとても
いろんなことを見つめる

時間になりました。

 

 

 

まだボトルは残っているので
これからどんな出来事が
起こってるのかな〜?
と思いますが、

 

 

 

向き合った分、
もやもやがなく
自分の気持ちがすっきり
整理されてきて
まさに新月という感じです。

 

 

 

水瓶座は「革命と自由」が
テーマのようなので、

 

 

 

立春と新月という流れは、
“自分を革命していくために
これまで難しかったことを乗り越えて、
自由になっていく始まり”
なのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

素敵なお知らせ

 

 

最近、ずっと惹かれていた
このイエローのcolor’s teaの絵。
この雰囲気を早く感じたくて、

 

 

 

今年は、昨年より早く
毎年恒例のイベントを
開催することを決定しました〜

 

 

 

この時期といえば・・・
早春の花、「ミモザ」です!

 

 

 

 

ミモザの花を使ったイベントを、
毎年いろんな形で開催していますが、

 

 

 

今年はまた、
楽しくてより深く癒される
企画を考えつきました。

 

 

 

日時は、2月28日。
13:30〜

 

 

 

詳細は、またブログにて
近々ご案内しますので、
お楽しみに。

 

 

 

shino-soraのミモザのイベントが
お好きな方は、
ぜひ空けておいてくださいね。