娘に起こった実話。
〜大人が子どもに与える影響〜

2023/01/24

 

娘に起こった出来事

 

 

昨日は、旧正月で新月。
娘と映画を観に行って
改めていろんなことを感じ、

 

 

春に向けて動いていく
流れが起こっているのを感じます。

 

 

今回より、少し娘のことを
書こうと思っています。

 

 

娘の存在で気づかされ、
学ぶことがとても多いので

 

 

皆さんにも分かち合った方がいいと
感じたのです。

 

……………………………………..

 

先日、小5の娘が、
友達との関係で
起こったことを
話してくれました。

 

 

「すごく悲しかった」

 

 

人を純粋にまっすぐ信じる子なので
何度も諦めずに
向き合い、行動し、

 

 

でも、
どんどん明らかになっていく
その状況に
もう辛くなってきたようでした。

 

 

子どもたち同士の間で
起こったのだけれど、
詳しく話を聞いていると、

 

 

実は、そこには、
大人の「在り方」と
「行動」の影響が

とても大きく関わっていた出来事

 

 

子どもの人間関係で
起こっていることは、
大人の在り方そのものなのか・・・

 

 

と、
社会全体に起こっている出来事は

 

 

一人一人の在り方が
深く影響
していることを

実感したのです。

 

 

たくさんの影響があったので
今回はその一部。
少しずつお伝えしていこうと
思います。

 

 

 

 

今回、親たちの在り方は

 

 

「自分の軸がなく集団の皆に合わせる」
「波風を立てたくない」
「悪く思われたくない」

 

 

その在り方で、
良かれと思って
子どもたちに関わった行動。

 

 

それが、そのまんま
子ども同士の関係に
影響を与えました。

 

 

そして、
子どもたちは

親の在り方そのままの
行動をしたのです。

 

 

「自分の軸がなく集団の皆に合わせる」
「波風を立てたくない」
「悪く思われたくない」

 

 

そのことで
娘は傷つき悲しさを感じました。

 

 

 

 

親である大人がとった行動は
意識的に傷つけるようなことを
したのでは全くなく、

 

 

「軸がなく周りに合わせる」
「波風立てたくない」
「悪く思われたくない」

 

 

この、人が誰しももっているような
考え方、気持ち。
きっと無意識。

 

 

 

誰しもやってしまいそうな在り方
行動をしただけなのです。

 

 

 

これって一見、
その場が平和で調和してる“風(ふう)”

 

 

 

人間関係の中で
自分を守ろうとするための行動

 

 

 

でも。
この「”自分が ” 傷つきたくない」
という

 

 

 

防御して鎧をつける、
偽りの自分が及ぼす
大きな影響があるのです。

 

 

 

なぜなら、
自分を守ろうとする行動は、

「自分が良ければ」の行動だから。

 

 

 

無意識に、
他への思いやりが
欠けてしまう行動になるのです。

 

 

「自分さえ良ければ」
と自分を守ることで

 

 

自分以外の誰かが大切にされず、
傷ついている人が
いるかもしれないけれど、
気づかない。

 

 

今回、
大人たちの
よくやっている在り方が、

 

 

自分の子どもたちに深く影響を与え

 

 

まさか、
他人の子どもにまで
影響を与えているとは
想像もしないと思います。

 

 

 

今回のことで、娘は細やかに、
友達の行動や言葉への
疑問や違和感を感じていて、

 

 

「どうしたいか?」
と気持ちを聞いたとき

 

 

”自分を偽って我慢してでも
周りに合わせる”

 

 


という希望は言いませんでした。

 

 

 

“その方が苦しい、嫌だ”

 

 

という想いを
正直に話してくれました。

 

 

 

娘のショックは
まだ癒えていないけれど、

 

 

娘の信念がしっかりとあり

 

 

目の前のことに流されない
ぶれない軸(強さ)
があり、

 

 

思いやりのある娘を
尊敬しました。

 

 

 

今日から、娘は
学校で新たな行動をとって
向き合っていくことが
始まっています。

 

 

「親と子どもは鏡」だと
理解はしていたけれど、

 

 

今回、私たち大人の在り方や行動が、
子どもに、
ここまでそっくりな
在り方、行動へと

 

 


深く影響を与えていることに
私も驚きました。

 

 

改めて
自分の在り方を整えて、
偽りのない本来の自分で
生きていたいと思いました。

 

 

私たち一人一人の在り方は
子どもだけでなく、

 

 

関わっている人皆に、
世の中全体に
影響を与えていることを
深く実感した出来事だったから。

 

 

私たち大人が
軸がぶれない「在り方」を
しっかりともっていないと

 

 

「全体という中で
支えられ生かされている私たち」

 

 

このことを
すっかり忘れて、
社会の中の誰かが傷ついてる。

 

 

 

人だけでなく、動物、植物たち。
地球上に存在するものに
全て影響しています。

 

 

そして、
大人の私たちがつくる世界が
未来を生きる子どもたちにも
影響します。

 

 

 

子どもたちには
未来に希望をもって
生きてほしい。

 

 

 

だからこそ、
心を整えること、
在り方の大切さを伝えて

 

 

 

本質的な「在り方」を大切にする
リーダーが増えていってほしい
感じました。

 

 

 

また、私のギアが
ぐんと入りました。

 

 

タイトル:誕生
(この出来事の後に
描いたソウルアート)

 

 

 

春から本格始動していきますよ。

 

 

 

春分の日を迎える3/21以降

・本質的なリーダーの「在り方」実践 養成コース
・Irocococha®︎カウンセラー養成コース

長期コースをスタートして行けたらと
今、思っています。

 

 

 

その前に。
立春を迎える2/4から
新たなコースが誕生します。

 

まず8日間から整える体験

私が講師をつとめる
「Irocococha®︎整え8日間実践コース」

日程① 2/4〜2/11
日程② 2/11〜2/18

 

 

 

自分の「在り方」は
たくさんの人に影響を与えます。

 

 

 

だったら、
愛で、人や動物や自然が救われて
循環するような影響を
与えていきたいと思いませんか?

 

 

 

実は、先日お伝えした
「Irocococha®︎瞑想体験セッション」
リクエストがあり

 

 

立春の「2月4日」にも
開催決定!

となりました。

 

 


立春は、

新しい自分をスタートしていくのに
とっても素晴らしい日です。

 

 

イロココチャ瞑想で整える在り方。
まず、体験してみませんか?

 

 

詳しくはこちらのページへ

体験会ページも新しくなりましたので
ぜひご覧ください^^

↓↓

https://shinosora77.wixsite.com/website-9