Skip to content

自分と、大事な人のハートを見る 〜ハート瞑想〜

 

東京の旅を終えて

 

 

東京での5日間旅を終えて
熊本へ帰ってきました。

 

 

 

 

 

旅の初日、初霜が降りて、
熊本空港まで行く道中は、
幻想的な白い世界に包まれる中
朝日を感じて、

 

 

 

 

 

「新しい世界へ旅立つ」ような
そんな雰囲気でした。

 

 

 

 

そして、帰りの飛行機では、
また幻想的な雲海の中
阿蘇の山々が見えて、
とても神秘的な風景でした。

 

 

 

 

 

行き帰りのこの風景のように、
東京の旅では、
新しい世界の広がりを感じて、
そして
要らないものを手放し、

 

 

 

 

 

“来年に向けて開いていくぞ〜”
というエネルギーをもって
帰ってきました。

 

 

 

 

関東で開催した
イロココチャワークショップや、

個人セッションのことは
また、お客様の感想も一緒に
お伝えしますね。

 

 

 

 

 

来年に向けてガーデンを作る

 

 

まずは昨日、家に帰ってきて
ずっとやりたかった
庭を整えることから。

 

 

 

 

大きなエネルギーが動いているときは、
特に地に足をつけたいから、
大地に触れて、
庭を整えつつ、
自分を整えてることが
多い気がします。

 

 

 

 

この時間がとても好き。

 

 

 

 

これまで頑張ってっくれた
植物の枯れた枝や茎を剪定して、
地面を整えて、
スペースができたところに
新しい植物たちを植える。

 

 

 

 

 

新しいものを入れていくには、
「手放し」が必要なんですよね。
スペースが生まれるから。

 

 

 

 

 

そんなことを、
庭や植物を育てながら学びます。

 

 

 

 

そして、
新しいものが入ってくるには
その形はどうあれ、

 

 

 

 

自分の内側につながって、
本当に心から望んでいることに

気づいていることも大事。

 

 

 

ガーデンは、
四季ぜんぶのイメージをしながら、
春に咲くのを待っている宿根草と
新しく植える球根や植物たちの
調和をイメージしながら
つくっていくけれど、

 

 

 

 

 

その方向性やビジョンが見えてないと、
どんなガーデンを作ったらいいのか
分からなくなります。

 

 

 

 

 

私たちの人生も同じなんですよね。
本当に望んでる方向性が分からないと、
迷います。

 

 

 

 

 

来春に向けて、
今回植えた球根の中には、
赤いチューリップも。
ムスメは、黄色いチューリップを
選んでくれて、
植えるのを手伝ってくれました。

 

 

 

 

 

なんで赤いチューリップを
植えようと思ったのか・・・

それは、
ハート瞑想イベントで
感じたことがきっかけでした。

 

 

 

 

 

 

ハート瞑想〜ハートを見る〜

 

 

東京へ行く前、
ハート瞑想イベントの
セッションを練習させていただく
機会がありました。

 

 

 

 

 

12月末に開催する、
ハート瞑想お茶会の
「ハートを見る」のイベントです。

 

 

 

 

このイベントでは、
自分の心の中を見て、
そこに自然に浮かんでくる花から、
自分の本質を感じることができます。

 

 

 

 

 

そこで私が見た花は、
この絵のような、
赤い朱色に近い
八重咲きのチューリップ!

 

 

 

 

 

わたしはこの瞑想を
何度も体験したことがありますが、
チューリップが出てきたのは
初めて!

 

 

 

 

 

予想してない花が浮かぶので
いつもびっくりなんです。

 

 

 

 

 

感じてみると、
チューリップのこのまっすぐな茎から
花開いてる感じが大事で、

 

 

 

 

子どものようにまっすぐなエネルギーを
出していきたいというのが
分かりました。
本質でいうと、「生き生きさ」。

 

 

 

 

それに、この赤。
「目覚めるほどの色だなあ」って感じて、
「わたしはまた、
何か目覚めていきたいんだな」って納得。

 

 

 

 

 

チューリップの花から
「楽しさ」も感じて、
やっぱり子どものように
まっすぐにだな、と。

分かる分かるって思いました。

 

 

 

 

東京の旅の前は、
オーラソーマは
レッドの色のボトルを選んでいたし、
旅を終えて帰ってきた今、
そんな気持ちが高まっているから。

 

 

 

 

 

こうやって、
「ハートの花」を描くと
自分の本質や求めていることが
花を通して

もっと深く理解できます。

 

 

 

 

 

そして、
ここからまた面白いんですが、
自分の大事な人のハートを
感じて見てみる体験もするんです♪

 

 

 

 

 

わたしは、
「夫のハートを見てみよう」
って思って、瞑想したら、

 

 

深いボルドーのような
マゼンタに
バイオレットを混ぜた色のような、
ツル薔薇が浮かんできたんです。

 

 

 

 

 

「バラ??」って、
これもまたびっくり!

 

 

 

 

 

そのまま受け入れて
瞑想しながら感じていると、
この薔薇から感じる質は、
「深い愛」でした。

 

 

 

 

 

なんだかとても納得。
彼の中には、その質があると
感じていたから。

 

 

 

 

 

だけど、ここからがまた面白い。
大輪で直立の、
主張するようなバラではなくて、
風でゆらゆらって揺れるような
ツル薔薇のイメージなんですよね。

 

 

 

 

 

そこを通りがかると、
ふわっと香りがするような
優しくて、でも深い香り。
柔らかく繊細さもあって。

 

 

 

 

 

自分のハートのガーデンの中に
招き入れてみると、

 

 

 

 

赤いチューリップの後ろの方で、
小さめのこの深い色のツル薔薇が
風でたくさん揺れてるような感じで
咲いていて、

 

 

 

 

まるで、赤いチューリップを
さりげなくバックアップして
サポートしてくれてる感じ。

 

 

 

 

 

彼の家族に対する「深い愛」
って、こんな感じなんだな〜
すごくサポートしてもらってるんだな〜
って、
感謝の気持ちがわきました。

 

 

 

 

 

そして、
東京から帰ってきたら、
その間にオーラソーマのボトルを
ひいてみたらしく、

 

 

 

 

 

1、2本目のボトルには、
マゼンタやバイオレットの
色が入ってました笑

 

 

 

 

 

この薔薇のような本質を
今引き出してるんだなあって、
話を聞いていたら繋がりました。

 

 

 

 

 

面白いですよね〜
ハート瞑想イベントの
「ハートを見る」。

 

 

 

 

 

自分のハートも、
大事な人のハートも感じて
見ることができて、
関係性が深まりますよ〜

 

 

 

 

 

そして、自分の感覚や
ハートとの繋がりを
日常で深めていくことができます。

 

 

 

 

 

今年最後のイベントですので、
自分が求めている本質や
大事な人の本質を感じて、

 

 

 

 

来年に向けて動くエネルギーを
感じてみませんか?

 

 

 

 

*今年12月の個人セッション枠は
12月26日(木曜)の10:00だけと
なっておりますので、

 

 

 

 

今年最後の整えを!
という方は、ぜひ瞑想イベントへ
お越しくださいね♪

 

 

 

↓↓

 

ハート瞑想お茶会

「イベント3:ハートから見る」

 

◎12月26日(木曜)

時間:13:30〜16:00

場所:熊本 shino-sora 

人数:残席あとわずか

お申し込み締切:12月19日(木曜)

 

お申し込みはこちら↓

お申し込みフォーム

 

 

 

 

◎12月28日(土曜)

時間:10:00〜12:30

場所:熊本 shino-sora 

人数:6名様まで

お申し込み締切:12月19日(木曜)

 

お申し込みはこちら↓

お申し込みフォーム

 

 

 

 

 

<その他のご案内とお知らせ>

 

 

今週はいよいよ!
3日間最後のコース。

 

◎オーラソーマ(R)エッセンシャルズ
プレゼンターコース
12月20日(金)〜22日(日)

 

1名様のキャンセルが出ましたので、
今年受けたい!という方は
12/18(水曜)まで
お問い合わせの上、
お申し込みください。

 

お問い合わせはこちら↓

info@shino-sora.com

 

 

 

オーラソーマコースについての
ご案内ブログはこちら↓
https://shino-sora.com/17965/

 

 

 

 

 

◎来年は、
「ハート瞑想イベント」の
オンライン開催をスタートする予定です☆

遠方の方はぜひ、
こちらのハート瞑想イベントで
会いましょう^^

 

 

 

 

 

shino-sora宇藤紫野の無料公式メールレター
はじめました。

◉最新情報をいち早くお届け☆

◉メールレター読者様限定の個人セッションコースも
あります。

メールレター案内のページはこちら

↓↓

 

 

 
 
Scroll To Top