Skip to content

すべてを信頼するということ 〜魂のつながり〜

 

 

今日、雲の中から光がさす光景を
見たとき、
涙があふれてきました。

 

 

 

 

 

空は、
いつもどんな時にも
見守ってくれていますね。

 

 

 

 

 

私たちは、
空と、そしてすべてと
繋がっています。

 

 

 

 

 

愛するものの肉体がなくなっても
愛するものの魂と
いつも繋がってます。

 

 

 

 

 

そして、いつも
たくさんの愛が送られています。

 

 

 

 

あなたが
すべてと繋がり、
本来の魂である自分に目覚めると、

 

 

 

 

 

こんなにもたくさんの愛があることに
気づき、
受けとることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日の新月の日、
大事な仲間の家族、
もこちゃんが
18歳の生涯を終えました。

 

 

 

 

 

 

わたしは、もこちゃんに
「すべてを信頼すること」
の大切さを
改めて教えてもらいました。

 

 

 

 

 

もこちゃんが、
最期の日々を過ごしていた時、

 

 

 

 

 

 

わたしの仲間(彼女)は、
わたしの
「本質的セラピストトレーニング講座」を
受講し始めた頃でした。

 

 

 

 

 

「本来の自分にもっと目覚めていく」
と覚悟を決めて。

 

 

 

 

 

この講座では、
自分の内側に気づき、
自分を整え、
自分と未来を変えていけるように、

 

 

 

 

本来の自分に、
魂の自分に目覚め、
深い喜びと幸せの人生を
生きていけるように、

 

 

 

 

 

実践を通して、
「どう在るか」
を学びます。

 

 

 

 

すべてと繋がり、
生かされている自分。

 

 

 

 

関わりあうすべての出来事、人は
自分の鏡として、
自分の課題を見せてくれています。

 

 

 

 

18年間、
どんな時もずっと彼女のそばにいて
サポートしてきたもこちゃん。
そのもこちゃんが、
最期の日々を生きる姿を見せている。

 

 

 

 

 

この実践講座を受けている彼女が
大切な宝物に気づき、
目覚めていくことを、

 

 

 

 

 

もこちゃんは、
魂のつながりから、
深くサポートしていると
感じていました。

 

 

 

 

 

愛する家族。
その家族の命が
もうすぐ終わりそうだというとき、
どんな風にいられるでしょうか?

 

 

 

 

 

「生きていてほしい」
「このままずっと」
死を考えるだけで
身が裂けてしまいそうなほどの
辛さ、悲しさ、怖さが必ず押し寄せます。

 

 

 

 

 

仕事も手につかず、
ずっと一日中そばにいたい、
そんな気持ちにもなると思います。

 

 

 

 

 

彼女はその苦しいほどの気持ちを
受けとめながら、

自分で自分を
整えていく日々を送っていました。

 

 

 

 

 

彼女が実践していたのは、
【イロココチャメソッド】。

 

 

 

 

 

死への怖さ、
悲しさがある自分から、
お茶で自分に必要なエネルギーが入り、
あったかく癒され、ゆるむ。

 

 

 

 

 

植物たちに癒され、
ブロックを手放し、
受け止められる落ち着きを取り戻す。

 

 

 

 

 

もこちゃんが見せてくれる最期の姿を、
「自分に見せてくれてるんだね」
と、
目を背けず、

 

 

 

 

もこちゃんの精一杯の命を
受けとめる彼女。

 

 

 

 

 

ある日は、逆に
静かに運命を待っている
もこちゃんの姿を
受けとめながら、

 

 

 

 

 

お茶で癒され、
「思っているよりももっと
怖いんだ、悲しいんだ」
ということに気づき

 

 

 

 

 

涙があふれ、
自分自身に優しくなる。

 

 

 

 

 

 

愛するものの
生死に向き合うということは
とても繊細で、勇気がいり、
愛と強さがいります。

 

 

 

 

 

自分の気持ちが
たくさん揺れ動きます。

 

 

 

 

 

それを、
彼女は逃げずに向き合い、
自分を癒し、
整えていました。

 

 

 

 

 

その彼女からの報告を
毎日聞かせてもらいながら、
受講者のチームみんなで
サポートさせてもらっていました。

 

 

 

ちょうど3回目の講座を開催する時、
もこちゃんの命が心配な時でした。

 

 

 

 

 

わたしは心が揺れて、前日に、
「1日ずっと講座で離れて、
もこちゃんが家で一人でいて大丈夫か?」と。

 

 

 

 

 

彼女の気持ちを聞こうと
やりとりし始めたら、

 

 

 

 

 

わたしには
“もこちゃんの悟っているような
安心しきった顔” が

ずっと浮かんでいました。

 

 

 

 

 

「大丈夫」って、
もこちゃんの魂が言っていて、
伝えてくれてるようでした。

 

 

 

 

 

「信頼する。
それがあなたの講座で

伝えていることでしょ。
それを、彼女は学んでるんだよ」と
言われたかのよう。

 

 

 

 

 

はっと気づかせてもらって、

 

 

 

 

 

「このわたしの気持ちは、
もこちゃんを、彼女を
信頼してないことになる。

“どんな時でもすべてを信頼する”
それが大事だった」
と思い、
信頼に深く繋がり直しました。

 

 

 

 

それと同時に、
彼女も迷いなく、
「大丈夫。信頼してる」と。

 

 

 

 

 

そして、
「講座の日にもし亡くなっても、
それは、もこが選んだことだから、
それを信頼する」
と言いました。

 

 

 

 

 

これが、
「相手の魂を深く信頼する」
ということだなあと感じ、
彼女を尊敬しました。

 

 

 

 

 

肉体を越えて、
こんなに深く信頼し合える魂のつながり。
この絆に感動しました。

 

 

 

 

私たちは、
「あなたのため」
「あなたが大事だから」と、

 

 

 

 

相手への優しさのつもりで、
行動する時があると思います。

 

 

 

 

 

でも本当は、
自分の気持ちを満たすために、

 

 

 

 

自分の心配や不安や怖さを隠し
見ないようにするために、
やっていることだったりします。

 

 

 

 

それは、
相手を信頼していないこと、
自分を信頼していないこと。

 

 

 

 

 

彼女は、
それをしませんでした。
もこちゃんの魂も
それを求めていませんでした。

 

 

 

 

ちょうど、この日の講座で
話したいなと思っていた
内容でもあって、
彼女はすでにそれを実践した感じでした。

 

 

 

 

 

この日の講座では、
本来の自分に目覚めていくために、
すべてと繋がり、
生かされていることを感じながら、

 

 

 

 


もういらないパターンは手放して、

エネルギーを入れ替えていく、
この講座の中でしか教えていない
【マグマの呼吸メソッド】
をお伝えし、

 

 

 

 


それを実践していくスタートの日
だったんです。

 

 

 

 


この時をサポートする、
お互いの深い魂のつながりを
感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

講座の翌朝、彼女から、
「もこが、眠るように
苦しくもなく、
虹の橋をゆっくりわたっていったよ」
と連絡がありました。

 

 

 

 

 

もこちゃんが亡くなった朝、
彼女が自分の整えに選んだ
イロココチャの絵は、
バイオレットでした。

 

 

 

「家族みんながいる時間で、
完全なタイミングだった」

「この絵が愛でいっぱいに見える。
ずっと幸せだ」と。

 

 

 

 

 

家族みんながいて、
大好きな家の中で、
温かい愛に包まれて。

 

 

 

 

 

彼女が、数日前に
オレンジのイロココチャで
整えていた時に、
オレンジの絵を見て、

 

 

 

 

 

「もこの居心地のいい場所は、
この家、この家族なんだなって。
もこがにっこり笑ってるように
見える」

と言っていました。

 

 

 

 

 

 

もこちゃんは、最期の時間を
病院ではなく
大好きな家で過ごしました。
ぶれずにその決断をされました。

 

 

 

彼女からの報告を受けた時、
まるで、この絵のように、

 

 

 

 

 

オレンジ色の温かい
安心感の光に包まれた
もこちゃん、家全体、家族が
浮かんでくるようでした。

 

 

 

 

 

もこちゃんは最期まで
幸せだったんだなあと
感じて、
家族みんなの愛を感じて、
涙が止まりませんでした。

 

 

 

 

 

 

もし、愛するものを
失ってしまうという日々の中で
自分の心に気づき、癒し、
整えることをしなかったら
どうでしょうか。

 

 

 

 

 

 

心が動揺し、悲しみや怖さで揺れ、
落ち着いて受けとめることが
できなかったり、
自分の気持ちに気づかず
我慢したり、
本当に望んでいることを
感じられなかったり。

 

 

 

 

 

 

自分が落ち着かずにいると、
他の家族も不安になるでしょう。

 

 

 

 

 

自分を整えるということは、
「今」という瞬間を大事に
することになります。
大事な家族との「今」の時間を。

 

 

 

 

 

 

わたしは、
もこちゃんと彼女から、
「すべてを信頼してゆだねる」
ことが、
「相手の魂を信頼し、

深くつながる」ことだと、

 

 

 

 

 

 

改めて学ばせてもらって、
本当に感謝の気持ちで
いっぱいでした。

 

 

 

 

 

わたしも、
前夫の死を経験しています。
そして、
自分の生死も経験しています。

 

 

 

 

 

その生死としっかり向き合い、
闇をとことん経験したことで、
「闇があるから光がある」
ことを学びました。

 

 

 

 

 

闇の経験は、
それが深ければ深いほど
素晴らしい宝物になって、

 

 

 

 

 

魂が震えるほどの喜びに溢れる
「光」に変わります。

 

 

 

 

 

闇を見るというのは、
気づいていない自分、

見たくない自分を見ていく、
受け入れていくことに
なります。

 

 

 

 

 

その自分に気づき、
もういらない思考・感情のパターンを
手放していくと、

 

 

 

 

 

宝物(光)に気づきます。
本来の自分に目覚めていきます。

 

 

 

 

 

わたしは、この
「本質的セラピスト
トレーニング講座」が

自分の闇を光に変えていく、
本来の自分へとどんどん目覚めていく

 

 

 

 

わたしが一番伝えたい、
shino-soraで核になる
実践講座だと、

 

 

 

 

受講生の方の実践体験や
サポートをさせていただいて
実感しています。

 

 

 

 

 

恐れを手放してスタートした、
このわたしの
新しいオリジナル講座への
チャレンジ・実践も、

すべて宝物。

 

 

 

 


モニターを受講してくれている
仲間に改めて感謝です。

 

 

 

さ、いよいよ
次回のセラピスト講座は、

木葉山へ登山!
マグマの呼吸を深めます♪

 

 

 

 

 

 

〜お知らせ〜

shino-soraの講座メニューが
変わりました!
終了した講座もありますので、
サイトのページでご確認ください。

カウンセラー講座のページは、
「本質的セラピストトレーニング講座」の
メニューページへと変わりました。

現在、準備中です☆

 

 

 

 

 

 

<2020年1月の講座予定>

-感性と本質を引き出す-
「本質的パステルアート講座」

満席

本日1/28から、
10回講座スタートします☆

 

詳細はこちら↓

https://shino-sora.com/self-healing/#self05

 

 

 

 

 

 

<2020年2月の講座予定>

 

◎2月21日(金曜) 
「レイキ伝授コース レベル2」

時間:10時〜17時頃

受講人数:4名様まで

 

*1/22のレイキ伝授レベル1は
満席で終了いたしました。

レベル2は、
残り2席のみとなります。

 

 

詳細のご案内はこちら↓

自分や家族を癒し、整えたい人へ
https://shino-sora.com/self-healing/#self01

 

ヒーリングを仕事にしたい人へ
https://shino-sora.com/healer-training/#healer01

 

 

お問い合わせは、
mail@shino-sora.com

まで。

 

 

 

 

 

shino-sora宇藤紫野の無料公式メールレター
はじめました。

◉最新情報をいち早くお届け☆

◉メールレター読者様限定の個人セッションコースも
あります。

メールレター案内のページはこちら

↓↓

 

 

 

 

 

 

 

Scroll To Top