Irococochaセッションのご感想

2020/06/23

 

私は、イロココチャで整えるのが日課になり、
日々いろんな出来事から学ばせてもらっています。

 

そんな中、息子を深く愛したいのに
愛せない自分に気づきました。
息子ばかり私に愛をくれて、
私は息子に愛を渡せていない。

 

そう思うと、
心がグッと締め付けられていました。
こんな自分は嫌だ。
なんでそうなってしまうのだろう。

 

深く見つめたい!
何かのメッセージかもしれないと思い
直感で Shino-Sora へ予約をしました。

 

その時、選んだお茶はバイオレット。

 

なんとなく、傷ついた過去があったので、
癒やすのはこの部分だろうと思っていたけど、

 

実際セッションをすると、
自分が思っていたところはもちろん、
もっともっと深くまで入り込み
幼少期の頃の自分にまで遡りました。

 

自分を殺して生きてきた過去。
自分では気づいていなかったけれど、
「呼吸の仕方が分からない」
と思っていた時期があったことを
思い出しました。

 

ずっと自分を殺して生きてきた。
生きた心地がしなかった。
もっとお母さんに甘えたかった。

 

そんな感情が自然と込み上げてきて
涙が止まりませんでした。
その時のテーマは、悲しみを癒す。

 

レイキもして頂き、
セッション後も数日、数週間
色んな過去を思い出し、

 

寂しかった自分、悲しかったこと、
助けたかったけどできなかった、
あのときはそうするしかなかった自分。

 

色んな感情が込み上げてきて、
ただただ、そんな自分を受け止め、
受け入れ、そんな自分を許し、
癒やしていく日々を送っていました。

 

いつの間にか、
息子を信頼することが
できるようになりました。

そして、素直に謝ることも。
褒めることもできるようになりました。

 

よく、「子供を褒めて育てなさい」
というけれど、

 

褒める本人が自分の事を認め、
受け入れ、褒める事が出来ないと、
心の底から相手を褒める事は出来ない
と気づきました。

 

深く見つめたことで、
息子と共に過ごす時間。
限られた時間。

 

お互い成長しながら明るい未来へ
進めるような気がします。
ありがとうございました。

(S.Mさん / 熊本)