スピリチュアリティとは。

2020/07/15

 

今朝は、クリアの絵に惹かれました。

 

 

 

「神秘性」。
この本質をもう表に出していいって
自分を認めた感じがしました。

 

 

 

わたしは、
例えば、何かからメッセージをもらうという
ふわっとした
スピリチュアルのイメージが
あまり好きではなく、

 

 

 

地に足がついた感覚や、
自分の内側につながって
自分の中から答えを出すという感覚を
大切にしているので、

 

 

 

これまでどこか、
「神秘性」という質を
避けてきた自分を感じました。

 

 

 

 

 

「わたしが経験してきたこと」

 

 

元々、臨床心理士として
現実の社会で起こっている「闇」、
虐待や非行、不登校、いじめ、
鬱や精神疾患など様々な病気…
と向き合いながら、

 

 

 

「心」という目に見えない世界を
扱う仕事をしてきました。

 

 

 

 

その後、わたし自身が、
大切な人や自分の生死を体験し、
生かされる体験もし、

 

 

 

 

壮絶な苦しみの出来事が、
人生の中に次々と起こった8年前に、

 

 

 

 

「わたしはなぜ生かされたのだろう」

「こんなに苦しいことが
わたしの身に起きて、
生かされている理由を
誰か教えて欲しい」

って思いました。

 

 

 

それは、
現実で起こっていることを越えて、
言葉や心も越えて、
自分の人生の目的、
魂の目的を知りたい
という感覚でした。

 

 

 

「それを知らないと生きていけない」
と感じるくらいに、
生きるのが苦しい出来事の
連続だったのです。

 

 

 

そういう時に、
人は占いや、
誰かにメッセージをもらうような
助けを求めるのかもしれません。

 

 

 

それが救いになる時があると、
わたしも思います。

 

 

 

 

 

でもわたしが選んだのは、
その壮絶な苦しみの中、
自分の悲しみや苦しみの感情に
蓋をせず、

 

 

 

ただただ自分の感情が出てくるままに
それを受けとめ、感じることでした。

 

 

 

嵐の海の中に放り込まれて
どこにいるのかわからない、
自分が壊れそうなくらいの
苦しさだったので、

 

 

 

それを感じるのが苦しい時は、
寄り添って話を聞いてくれる
友達に話をして、

 

 

 

頼って、
気持ちを受けとめてもらいました。

 

 

 

自分自身の「闇」と向き合った
日々でした。

 

 

 

わたしが臨床心理士として、
たくさんの人と向き合う中で
一人一人から語られる悲しみや辛さは、

 

 

 

その闇がどんなに辛いものか…
寄り添い共感して感じていたけれども、
もっと理解ができたらと
望んでいました。

 

 

 

だから、
自分の体験として、
自分がしっかり向き合うことを
選んだ気がします。

 

 

 

 

 

その闇を見つめながら、
そして、
「空」をよく眺めていました。

 

 

 

「生きるってなんだろう」
「わたしは何のために
生かされているんだろう」

 

 

 

人と会う気力もなかったわたしは、
季節で移り変わる「空」や「自然」を
五感で感じる日々を送りながら
深く癒され、

 

 

 

そして、
そのいつもそこにある
「空」や「自然」に
励まされる感覚で
生きていました。

 

 

 

雨が降る時は涙を流し、
雲の切れ目から光がさす光景、
鳥のような雲を見たり、
虹が出たり、
とても美しい夕日を見たり。

 

 

 

春になり、少しずつ芽吹き
花を咲かせていく植物たち。

 

 

 

日々は、少しずつ
変化しているんだなあと、
わたしも日々少しずつ
気持ちが癒され
変化しているのかもしれないと、
思えました。

 

 

 

「大丈夫」「見守ってる」って
言ってくれている感じが
していました。

 

 

 

いつもそこに、
空が自然が「在る」。

 

 

 

そして、亡くなったとしても
魂はずっとつながっている。

 

 

 

これが、すべてを失ったわたしに
どれだけ救いになったか
わかりません。

 

 

 

大切な人も、
環境も住んでいた場所も、
そして描いていた未来も、
自分の価値観も
すべてが壊れ、

 

 

 

素っ裸になったわたしという「存在」と、
「すべて」が「繋がってる」
その感覚を初めて感じました。

 

 

 

「わたしは、
このすべての中で生かされ、
そして、
すべて繋がっているんだなあ」

 

 

 

 

 

そんな中、
自然に自分の内側から、
「本当に心から生きたい人生」
「望んでいる人生」
が浮かんできました。

 

 

 

 

それは、
理想だなあ・・・
と感じていたことはあったけれど、
自分がそんな人生を生きられるとは
思ったこともなかった、

 

 

 

そして、
それが求めていたことだなんて
頭では想像もしてなかった
そんな生き方でした。

 

 

 

すべての制限もなく
ただ自分の内側から
出てきた答え。

 

 

 

その生き方をしないと、
本来の自分ではなくなってしまう。
そう感じました。
心の深くから望んでいることが
わかったから。

 

 

 

そして、
「ヒーリング」に出会いました。

 

 

 

そこで、
「自分の内側深くに繋がるということは、
本来の自分を思い出すこと」
そして、
「魂の目的を知ること」
になることを学んだのです。

 

 

 

 

そして、
自分を見つめ
乗り越える経験をしながら、
自分の人生のパズルがはまっていくように、
自分の人生の目的と使命に、
自分で深く気づく瞬間がありました。

 

 

 

 

それは、魂に深く触れた瞬間。
そこからの、
木々に包まれた暮らし。
ヒーリングサロンを立ち上げること。

 

 

 

 

 

 

現実で起こっていることから
目を背けずに、
自分の見たくない「闇」を
見つめることで、

 

 

 

本来の自分を思い出すことに
繋がっていき、
心からの喜びの人生へと
つながっていきました。

 

 

 

それは、
自分の人生の目的・使命へと。

 

 

 

みんなそれぞれ、
人生の目的は違うので、
それぞれの人生の経験も違います。

 

 

 

だから良くて、
その人にしかない財産が
そこにあるということだから。

 

 

 

 

それは自分が蓋をして生きていたら
ずっと見えず、気づかないまま
なんだと思います。

 

 

 

 

 

「わたしが蓋をしていたこと」

 

 

そして、最近、
これまでわたしが
蓋をしてきたことがあったことに
気づきました。

 

 

 

サイトやブログでも
「魂」という言葉はほとんど使わずに、

 

 

 

そして、
みんなが嫌うかもしれない
「闇」という言葉も、
使うことを避けてきました。

 

 

 

 

一般的にイメージされる
ふわふわしたスピリチュアルという
イメージが入るのを
避けていたのと、
「光」を人は見たいものだと思うから。

 

 

 

だけど、
「本来の自分として生きる」
ということを伝えていきたいわたしは、
もうその蓋を取らなくちゃ
って思って、

 

 

 

 

「闇」という言葉を
コンセプトとして
しっかり伝えることを決め、

 

 

 

そして、
「魂」という言葉を
使わないと伝わらない時は
使おうと、
昨日認めてあげました。

 

 

 

 

本来の自分を生きるためには、

 

 

 

 

現実で起こっていることを、
周りや誰かのせいにするのではなく
自分の事として受けとめ、

 

 

 

自分の魂が気づきたい
大切な人生のテーマとして見つめて
いくことから始まるから。

 

 

 

それが、
自分の中にある、たくさんの本質や
たくさんの可能性、財産に気づき

 

 

 

自分の軸をもって
生きていくことになるので、

 

 

 

このことを伝えていく、
わたしの中の「神秘性」
という本質も、
もっと出してあげて
認めることにしました。

 

 

 

伝えていくことが、
本当の「調和」の世界に
つながっていくと
感じているので。

 

 

 

 

 

「アップデート」

 

 

今回、
リニューアルする新しい空間に、
Irococochaの8枚の絵以外にも

 

 

 

 

欠かせないと感じた、
今年描いた大切な作品
「スターブラックホール」
と娘が命名した作品も
空間に飾り、

 

 

 

やっと「これがわたしだなあ」と
実感しています。

 

 

 

 

 

色でいうと、
「ディープマゼンタ 」。

 

 

 

原画を複製してもらった絵だけれど、
繊細なタッチや凹凸が
すごく表現されています。

 

 

 

アンティークな雰囲気の額を
作ってもらい、
優しいクリーム色のリネンの中の
この絵の雰囲気が、
優しく愛が広がるようで
わたしは好きです。

 

 

 

この色の絵を、
Irocococha整えのメソッドの中に
入れることを決めました。

 

 

 

自分の内側へとつながる
サポートになる絵だから。

 

 

 

 

7/24,25〜の
「Irocococha整え1ヶ月講座」
「リーダーの在り方実践講座」では、

 

 

 

 

アップデートして、
このディープマゼンタの
絵も入れながら、
「色のアート」と「お茶」で
心を整える方法をお伝えしていきます。

 

 

 

 

 

深いけれど、
「アート」(色)「お茶」(植物)という
日常の生活の中で、
五感で感じることで
自然に整えられる感じが、

 

 

 

わたしは絶妙なバランスで、
現実的で好きなのです^^

 

 

 

だから、Irococochaを
生み出しました。

 

 

 

茶道の世界観とも通じる、
この感じ。

 

 

 

現実的と神秘性。
臨床心理士も経験していて、
ヒーリングも経験している。

 

 

 

この両方のバランスが
わたしらしいのです。

 

 

 

私たちは肉体をもった人間として
現実を生き、
でも同時に魂という存在でもある。

 

 

 

だから人生の目的をもって
内側に繋がりながらも、

 

 

 

外側の世界で
どう自分の本質を生き、
実際に行動していくか。
スピリチュアリティ。

 

 

 

このことを
わかりやすく伝えていくのが、

 

 

わたしがこれまで人生の中で
経験してきた財産を
世の中に出していく、
人生の目的だなあという感じがします。

 

 

 

そんなわたしが伝える、
「Irocococha整え講座」を
受講された方から、
感想が届いているのでご紹介。

 

 

 

以下、クリックして
ご覧くださいね^^

↓↓

受講生の感想

 

 

 

 

<お申込み締切間近の
講座のお知らせ☆>

 

◎7月24日(祝)〜 

リーダー・セラピストの
「在り方」実践講座6ヶ月
2期生

 

7月18日(土曜)締切

 

*サロン・オンライン講座
同時開催!

遠方の方は、オンライン講座で
受講することも可能です。

 

6ヶ月と長い講座なので、
無料説明会も開催しています^^

 

ご都合が合わない方は、
メールでのお尋ねでも大丈夫ですよ。

 

日程など詳しくはこちら。
⬇︎

https://shino-sora.com/school/irocococha-leader/

 

 

 

 

◎7月24日(祝)〜
または
7月25日(土)〜

「Irocococha1ヶ月講座」

7月18日(土曜)締切

 

*サロン・オンライン講座
同時開催!

詳しくはこちら。
⬇︎

https://shino-sora.com/school/irocococha-preparation/